©2019 by 森の輪. Proudly created with Wix.com

「森の輪」について

「森の輪」には
森と人、人と人 とのつながりの輪が生まれ、広がって欲しいという願いがこめられています。

森と人をつなぐ道づくり
「森の輪」は、各自治体内の木材で、職人の手によって一つ一つ丁寧につくられます。そうしてできあがった「森の輪」を使うのは、その自治体で生まれた赤ちゃんです。そして、その「森の輪」を手入れするのは保護者のみなさんです。「森の輪」を通して、木のぬくもりを感じ、木の良さを体験することができます。

 

乳幼児の育児・保育

生まれた赤ちゃんに寄り添う木の工芸品「森の輪」を贈る

赤ちゃんにとって、木にはじめて触れる特別な瞬間を大切にしたいという想いが込められています。どんな素晴らしい 木製品でも、赤ちゃんが遊ぶには難しかったり、危険だったりすると、小さな赤ちゃんに触れさせることはできません。 「森の輪」は、にぎる・なめる・かむ、など乳幼児期の基本的な発達に合わせて親しめるシンプルな製品ですので、赤 ちゃんがはじめて木に触れるファーストウッドにぴったりです。


提供頂いた地域の木材で制作した森の輪は、日本食品分析センターにて必ず検査をしています。

木育

生まれた赤ちゃんが、手にするもの口にするものとして木製品を 提供することで木に親しみをもてる土壌をつくる

木の国といわれる我が国において、「木」というものに対し意識的に目を向け生活している人は、どの程度いるので しょうか。2004年に北海道庁より「木と ふれあい、木に学び、木と生きる」取組として「木育」という言葉が世に発 信されました。2006年には、林野庁の森林基本計画にも明記され、全国的に木育活動が行われるようになっています。 木との関わりを通じて豊かな感性や人間関係を育み、さらに人と自然が共生する社会を目指す「木育」。 森の輪には、赤ちゃんにとって初めての「木」との出会いに最適な要素が詰まっています。

木製品の手入れを学ぶツールとして

『森の輪』の袋の中には、お手入れ用として紙やすりが入っています。これまで木製品を使用したり、購入する機会が 少なかった子育て世代のみなさんにとっては、木製品の特徴や手入れの仕方などを学ぶきっかけとなるのではないで しょうか。木製品は、キズや汚れがついても人の手でメンテナンスできる素敵な素材です。少しの手間をかけることで、 長く愛せるものとなります。

環境教育と地育

 

子育て世代に地域の資源で出来た木製品を 使ってもらうことにより環境について考える機会を提供

私たちの生活が便利で豊かになるのと同時に、世界的に環境の破壊が進み様々な問題が起きています。 地球温暖化、生物多様性の保全、持続的な森林管理など、国際社会が国境を越えて向き合っていくべき多くの課題があ ります。私たち一人ひとりが、身近な自然や環境について学び、考え、行動することが求められています。 森の輪は、材料となった樹木のこと、その樹木を育んだ森や地域のこと、またはその樹木と共にひしめき合った生き物 のこと・・などさまざまなことに思いを馳せることができる生きた教材です。 生まれた赤ちゃんが、安心して成長できる未来のために。 森の輪は、地域の自然に目を向け、その価値を再発見する一つのきっかけになります。

出生数が1000人を超える自治体でも実施できる

「森の輪」はシンプルな形状で加工しやすく、木材の量が比較的少なくすみます。また、コスト面においても無理なく 実施できるものとなっております。そのため、出生数が多い自治体でも実現可能な取組です。

 

お問い合わせ