北海道むかわ町

OUR STORY

町の概要

2006年3月27日に穂別町・鵡川町が合併し、新町「むかわ町」が誕生しました。

むかわ町のキャッチフレーズは「人と自然が輝く清流と健康のまち」です。
平成28年3月27日には、合併10周年の節目として「町民憲章」の制定、「人と自然が輝く清流と健康のまち」を宣言しました。
2017年(平成29年)12月13日、世界の恒久平和を願いむかわ町は「非核平和の町」を宣言しました。

(むかわ町HPより)

日本/北海道/むかわ町

http://www.town.mukawa.lg.jp

V7094299.jpg

使用木材:イタヤカエデ

​​イタヤカエデ

葉は手のひらのような切れ込みがあり、「カエルの手」が変化してカエデになったとされます。木材は堅くて丈夫で、かつてはスキー板の材料としても使われました。冬にメープルシロップが採れる木としても知られるます。

IMG_5319 (1).JPG

森の物語

Forest story

むかわ町はまちづくり計画に「森林を生かした教育と交流」を施策の一つとして掲げ、幼児期から木を身近に感じ、豊かな感性、人間性を育んでほしいと考え実施しています。むかわ町穂別地区で採取したイタヤカエデを使用し、苫小牧広域森林組合で加工した「オールむかわ産」です。

IMG_5321 (1).JPG

むかわ町民の声

※「森の輪」をプレゼントされた保護者の声

口に入れても大丈夫ということなので安心感がある。健康で、みんなから愛される子に育ってくれたら。(R03.04.23_苫小牧民報より引用)

苫小牧広域森林組合_森の輪.jpg

​町民の皆さんへ

​​苫小牧広域森林組合

木育マイスター 多田 麻子

ひとつひとつ真心をこめて手作りした森の輪(むか輪っこ)、たまにお手入れしながら末永く使っていただけたら嬉しいです。
この町に生まれた赤ちゃんや親御さんに森の輪を通して、身近にある森林や木材のある暮らしについて少しでも興味を持っていただければと思います。

むかわ町農林水産課_森の輪.jpg

​町民の皆さんへ

農林水産課農業林務グループ
主事補 中條 大輝

私が生まれ育ったむかわ町は、豊かな森林に囲まれ、1級河川鵡川が流れて太平洋に注ぐ、第一次産業が基盤となっている町です。むかわ町で生まれたこどもたちが「むか輪っこ」に触れ、木の温もりを感じることで、自然を愛し、健康で心豊かな人に育ってくれたら、嬉しいです。

むかわ町健康福祉課_森の輪.JPG

​町民の皆さんへ

健康福祉課
子育てコンシェルジュ 鈴木 麻紀

むかわ町のこどもたちがむかわ町で育った木のおもちゃで遊ぶ、とても素晴らしい事業です。自分が育つ町のものを身近に触れてほしい、その第一歩になると思いました。「むか輪っこ」を持つ小さな手が健やかに育っていきますように、そう願いながら渡しています。