北海道清水町

OUR STORY

町の概要

北海道・十勝平野の⻄部に位置する清水町は、明治31年に開拓の鍬が下ろされました。

北国の厳しい自然環境のもとで、数々の試練や困難を乗り越えて、 恵みの大地を築き上げ、農業を中心に発展した町となっております。

美しい自然と豊かな緑を次世代の子どもたちへ引継いでいきながら、更なる協働のまちづくりを推進し、 「みんなで活き生き 豊かさ育むまち とかちしみず」の実現を目指しています。

日本/北海道/清水町

http://www.town.shimizu.hokkaido.jp

V7094296.jpg
P43.JPG
P43-2020保健師写真.png

使用木材:シラカンバ

​​シラカンバ

山火事跡地などにいち早く育ってくる木で、白い樹皮が特徴ですが、木材も白みが美しく、アイスクリームのへらやアイスキャンディーの棒の材料にも使われています。白い木材に茶色い斑点や筋があることもありますが、これもシラカンバの特徴です。

​町民の皆さんへ

清水町役場農林課林務係

我が町のシラカバで作った木の輪(Wakko)が本町で生まれた赤ちゃんの初 めての木のおもちゃになるなんて素晴らしい事業だと思います。町の宝である 赤ちゃんが木のぬくもりを五感で感じ、健やかな成⻑を遂げることを見守って いきます。

​町民の皆さんへ

​​清水町役場保健福祉課

健康推進係保健師一同

シラカバは、心が和むような触り心地と優しい香りから、落ち着きと安らぎを 与えてくれます。清水町で育ったシラカバの輪を目で見て、触れて、香りを感 じて、なめて、木のぬくもりを全身でたくさん感じながら、お子さんが健やか に成⻑することを願っています。

comingsooon.png

​清水町民の声

※「森の輪」をプレゼントされた保護者の声

coming soon

 

©2020 by 森の輪. Proudly created with team GO-ON